購入前ノウハウ
全部で3種類ある!各水素吸入器のメリット・デメリット

全部で3種類!それぞれの水素吸入器のメリット・デメリット

《この記事の執筆者》

水素吸入器と一口に言っても、実は3種類ほど異なるタイプが存在しています。

個人の使用に適した「家庭向け水素吸入器」、広い空間や多人数が使用することを想定した「業務用水素吸入器」、そしてどこへでも持ち運び可能な「ポータブル水素吸入器」があります。

本記事では、それぞれの種類について、その特徴、価格帯、使用時間などに加えメリットやデメリットを解説します。

どんな人にそれぞれが向いているかも紹介しているので、自分がどの水素吸入器に向いているかぜひ見つけてみたください。

ポータブル水素吸入器

ポータブル(携帯用)水素吸入器の魅力は、好きな場所で水素を吸入できる携帯性にあります。製品によっては、手軽に持ち運べるタイプから、電源が必要なもの、電子タバコサイズのものまで、特徴は様々です。

価格帯は数万円から20万円前後となっており、家庭用のものよりも手頃な価格で提供されています.

しかしその分、水素の生成量は少なめです。より多くの水素を吸入したい場合は、家庭用や業務用の水素吸入器が適しているでしょう。

ポータブル水素吸入器のメリット

ポータブル水素吸入器のメリットとしては主に以下の通りです。

ポータブル水素吸入器のメリット
  • どこにでも持ち運びができる
  • 数万円からと価格が安い

ポータブル水素吸入器のデメリット

ポータブル水素吸入器のデメリットとしては主に以下の通りです。

ポータブル水素吸入器のデメリット
  • 水素ガス発生量は他のものより少ない
  • バッテリーの持ちなどの心配がある

ポータブル水素吸入器に向いている人

上記を踏まえ、以下に当てはまる人には業務用水素吸器をおすすめします。

ポータブル水素吸入器がおすすめ人
  • 外出先でも水素吸入がしたい人
  • あまりお金をかけたくない人
  • とりあえず水素吸入を試してみたい人

ポータブル(携帯用)水素吸入器は、特にお金をかけずに試せるため水素吸入を体験してみたい人にはピッタリです。

また、外出先などでも水素吸入を行いたい場合は、ポータブル一択になるでしょう。

とはいえ、水素ガス発生量は家庭用や業務用よりも劣るため、より多くの水素を吸入したい場合は家庭用や業務用を検討しましょう。

家庭向け水素吸入器

家庭用の水素吸入器では、60ml〜600ml/分の水素ガスを生成する製品が多く見られます。使用方法は、鼻からの吸入タイプや、使用者が何もしなくても水素が吸引できる自然吸引タイプがあります。後者であれば、睡眠中でも無意識のうちに水素ガスを摂取できるでしょう。稼動タイマーが装備されているため、使用時間を気にせず安心して使えます。価格は、20万円〜70万円の範囲で、業務用に比べればやや手頃です。

サイズは携帯式に比べ大きめですが、業務用と比較してみると、よりコンパクトな設計が施されています。設置場所のスペースを考慮し、製品のサイズを確認することが重要です。

家庭向け水素吸入器のメリット

家庭向け水素吸入器のメリットとしては主に以下の通りです。

家庭向け水素吸入器のメリット
  • 個人使用に最適化されている
  • 値段も比較的手頃な価格帯である
  • サイズがコンパクトなものも多い

家庭向け水素吸入器のデメリット

家庭向け水素吸入器のデメリットとしては主に以下の通りです。

家庭向け水素吸入器のデメリット
  • 水素ガス生成量が物足りない場合もある

家庭用水素吸入器に向いている人

上記を踏まえ、以下に当てはまる人には家庭用水素吸器をおすすめします。

家庭用水素吸入器がおすすめ人
  • コンパクトなサイズの水素吸入器が欲しい人
  • 比較的手頃な価格で水素吸入器が欲しい人
  • 初めて水素吸入器を試そうと考えている人

これらに当てはまる人は、家庭用の水素吸入器の購入やレンタルをぜひご検討ください。

家庭用ということで場所を取らずに設置できるものも多く、また業務用に比べて安い傾向にあるため初めて試そうと考えている人にはぴったりです。

家庭用水素吸入器で水素の恩恵を実感した後に、業務用水素吸入器へのアップグレードを検討すると良いでしょう。

業務用水素吸入器

業務用水素吸入器は、クリニックや介護施設、美容院など、様々な場所での使用を想定して設計されています。家庭用と比べると、より多量の水素ガスを生成することが特徴です。多くの場合1200ml〜最大で4800ml/分の水素ガス発生量を誇ります。

しかし、家庭用と業務用の間には明確な線引きはなく、メーカーによってはサイズや価格で区分けされることがあります。一般的に、100万円を超える製品が業務用とされており、鼻から吸入するタイプの場合、連続数時間使用が可能なものもあります。

高価なため、メーカーによってはレンタルやデモ機を用意しているところもあるため、購入前にそれらを使ってその効果や操作性を確かめと良いでしょう。

業務用水素吸入器のメリット

業務用水素吸入器のメリットとしては主に以下の通りです。

業務用水素吸入器のメリット
  • 水素ガス発生量が高い
  • 長時間の使用も可能

業務用水素吸入器のデメリット

業務用水素吸入器のデメリットとしては主に以下の通りです。

業務用水素吸入器のデメリット
  • 価格が100万以上と初期投資額が高くなりがち
  • サイズが大きい傾向にあるため場所を取る

業務用水素吸入器に向いている人

上記を踏まえ、以下に当てはまる人には業務用水素吸器をおすすめします。

業務用水素吸入器がおすすめ人
  • 水素の恩恵を最大限受けたい人
  • 寝ている間など長時間使用する人
  • 家庭用やポータブル型では満足できなかった人

業務用水素吸入器の最大の特徴はその水素ガス発生量です。

ガス発生量が高いほど効果が高いかどうかについてはまだ研究段階ではありますが、最大限水素の恩恵を受けたいと考えている人にはぴったりでしょう。

また、睡眠時など数時間といった長時間の使用を考えている人には、業務用が向いているでしょう。

自分のニーズに合った水素吸入器を選ぼう:まとめ

水素吸入器を選ぶ際は、家庭用、業務用、ポータブルという三つのタイプから、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

理想的な製品を見つけるためにも、今回解説したそれぞれのメリットやデメリットを参考に色々と検討してみてください。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加