購入後ノウハウ
【水素吸入】カニューレ跡をつけないようにする方法4選

カニューレ跡をつけないようにする方法4選

《この記事の執筆者》

水素吸入療法で使用されるカニューレは、長時間装着による頬への跡が悩みの種となることがあります。

しかし、少しの工夫で頬への跡を最小限に抑えることが可能です。

本記事では、頬にカニューレの跡を残さないための4つの実践的な方法を紹介します。どの方法も日常生活に容易に取り入れられるもので、カニューレ使用時の快適さを向上させるアイデアです。ぜひ最後までご覧ください。

カニューレ跡を防ぐ方法①:
布マスクを活用する

カニューレ跡を防ぐ方法1つ目は、布マスクを活用する方法です。

布マスクを使用し、カニューレからの圧力を分散させてカニューレ跡を防止できます。

具体的には、以下の手順で行います。

布マスクの活用手順
  1. 布マスクに小さな切れ目を入れる。
  2. カニューレを装着する前にマスクを顔につける。
  3. 切れ目からカニューレを通して使用する。

この方法では、マスクが頬とカニューレの間に挟まれることで直接的な圧力が和らぎ、肌を保護できます。使用するマスクのタイプは、百均などで入手できる布マスクでもなんでも良いです。

個人的には、布マスクではありませんがPITTAマスクなんかもおすすめです。

肌を守りながらもカニューレをしっかり固定できるため、快適に使用できます。

カニューレ跡を防ぐ方法②:
アイマスクを活用する

頬にカニューレの跡をつけないようにする方法2つ目は、アイマスクを活用する方法です。

リラックスタイムにも役立つ、蒸気で眼を温熱する使い捨てのアイマスクの使用も、肌の保護に応用できます。

カニューレが頬に触れる部分にアイマスクを置くことで、跡がつきにくくなります。

また、アイマスクの温かさが目の疲れを和らげ、リラックス効果も期待できるため、一石二鳥の効果が期待できる方法です。

カニューレ跡を防ぐ方法③:
自作のカバーを活用する

自宅にある、自分の肌にあう布製品(コットンのハンカチや柔らかい布)を使って、カニューレと頬の間に挟むカバーを自作する方法もあります。

この方法の利点は、カバーの厚みや素材を自分の肌質や好みに合わせて調整できることです。

肌に優しい素材を選ぶことで、長時間の使用でも肌を守れます。

また、再利用が可能なカバーのため、長期的な使用においても経済的です。

カニューレ跡を防ぐ方法④:
顔全体を覆うマスクを活用する

顔全体を覆うタイプのマスク(タオル地のフェイスマスクなど)を使用することも、カニューレによる跡を防ぐ有効な方法の一つです。

このタイプのマスクを顔につけた上からカニューレを装着します。

マスクが肌とカニューレの間にあるため、圧力を分散でき、跡がつくのを防ぎます。

タオル地のマスクは肌触りが良く、通気性も保ちながら肌を守れるメリットがあります。

この方法は、口や肌の保湿を保ちながらカニューレの跡を防げるため、特に冬場の乾燥した環境下での使用にオススメです。

実は大切!カニューレ選び方のポイント

ここまでカニューレの跡をつけない方法をお伝えしましたが、実はカニューレ選びも重要になります。

これは、カニューレ跡をつけないために重要というよりも、思わぬ健康被害を招かないために非常に大切なことになります。

安くて使えればなんでも良いと適当にカニューレを選んで使用している場合は危険です。

カニューレ選びにこだわってこなかった人は、次回購入時は以下の記事で紹介している選び方をぜひ取り入れていただければと思います。
>> 水素吸入用カニューレの選び方とメンテナンス方法

カニューレ跡を防ぐ方法:まとめ

カニューレを使用する際に頬に跡がつくのを防ぐためには「布マスク」「アイマスク」「自作の頬カバー」「顔全体を覆うマスク」など、さまざまな方法があります。

また、適切なカニューレの選び方とメンテナンスを行うことも大切です。

これらの方法を試すことで、快適にカニューレを使用し続けられるでしょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加