フレスカ150

《この記事の執筆者》

本記事では、水素吸入が行える水素吸入器『フレスカ150』の製品情報から特徴やスペックについて解説していきます。

また、当サイト基準での製品評価も行なっておりますので、『フレスカ150』にご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

水素吸入器『フレスカ150』の製品情報

水の社の水素吸入器『フレスカ150』の製品画像
引用元:https://mizunomori.co.jp/c/medicalcare/hydrogen/fresca

水素吸入器『フレスカ150』の製品仕様の詳細は以下の通りです。

商品名H2フレスカ150
本体寸法W120×D120×H190(mm)
本体重量1.6kg
ゴールド
材質不明
電圧・周波数不明
消費電力96W
付属品水素バブルスティック(水素水生成用)
定価217,800円(税込)
メーカー保証1年間
生産国日本
販売会社株式会社水の杜
(フレスカ150公式サイトより)


『フレスカ150』はコンパクトかつ見た目もゴールドで女性向けなデザインの水素吸入器です。

重さも1.6kgと軽く、部屋間の移動などの際も楽に持ち運んで移動ができます。

水素吸入器『フレスカ150』の特徴・スペック

水素吸入器『フレスカ150』の主なスペックは以下の通りです。

水素ガス発生量150ml/分
水素発生方式PEM方式水素ガス発生システム
連続稼働時間不明(タイマー設定あり:1/2/3時間)
吸入方法カニューレ
騒音レベル不明
使用できる水精製水
その他自動停止機能(転倒、温度、水位、水質)
(フレスカ150公式サイトより)

『フレスカ150』の水素発生量は1分間に150mlと若干の物足りなさを感じますが、そのコンパクトさであれば納得です。

連続稼働時間は不明ですが、タイマー設定で1~3時間の設定ができるので、最低でも3時間は連続した水素吸入ができそうです。

では、以下でいくつか『フレスカ150』の特徴をご紹介していきます。

特徴①:持ち運び自在のコンパクトサイズ

『フレスカ150』は、縦横高さのどの面も20cmを超えないコンパクトな水素吸入器です。(幅120mm×奥行120×高さ190mm)

重さも1.6kgと軽量なので、自由に持ち運びができ、いろんな場所で水素吸入ができます。

特徴②:高性能PEM方式で水素を発生

『フレスカ150』では、量子交換膜(PEM膜)を用いた水素発生方式を採用しています。

これにより、不要な酸素やオゾンの発生を排除でき、高純度の水素の生成ができます。

特徴③:水素水ができるスティックが付属

『フレスカ150』では、付属品として水素水を生成するための「水素バブルスティック」がついてきます。

これにより水素吸入だけではなく、水素水からも水素を取り込むことができます。

水素吸入器『フレスカ150』のメンテナンス

『フレスカ150』のメンテナンスは、主に精製水の交換とイオン交換樹脂スティックの交換です。

精製水の交換頻度については、具体的な指定は公式サイトにありませんでしたが、水質モニターがあるので、水質が低下しエラーが表示されたら、交換する必要があります。

イオン交換樹脂スティックの交換については、半年に一回行い、年間3,300円で行えます。

水素吸入器『フレスカ150』のレンタルはある?

『フレスカ150』のレンタルについては、特に公式サイトに情報掲載がありませんでした。

レンタルに興味がある方は、公式サイトから問い合わせてみてください。

水素吸入器『フレスカ150』の評価

性能
3.0
コスト
9.0
メンテナンス性
9.0
安全性
3.0
信頼性
5.0

<総合評価>

上記の評価は別記事『失敗しない水素吸入器の選び方』で解説しているポイントを基準に判断しています。

『フレスカ150』の総合評価としては、の星3つです。

全体として、性能や安全性面では物足りなさを感じるものの、コストやメンテナンス性はかなり高いと言えます。

それぞれの評価項目について少し解説していきます。

性能:水素発生量が低い

『フレスカ150』は水素発生量が低いのが一番のネックです。

高いものだと水素発生量が2000ml/分のものも存在するので、それらと比べるとかなり見劣りすると感じます。

コスト:価格も維持費も良好

水素発生量が低い分、価格も抑えられている点は評価できそうです。

また、メンテナンス費用や維持費なども安いので、コスト面では高評価できます。

メンテナンス性:コンパクトで手間かからず

『フレスカ150』は何といってもコンパクトで軽いので、持ち運びなど楽にできるのはかなり良いです。

また、日々のメンテナンスも精製水の入れ替え以外に特に必要ないので、メンテナンス性は抜群と言えるでしょう。

安全性:第三者の安全試験がないのがネック

『フレスカ150』は特定の条件下での自動停止機能はついているものの、それ以外に安全性について検査した認証などがありません。

おそらく安全だとは思いますが、そういった第三者の認証があるとより安心できます。

信頼性:情報が揃わず不安

公式サイトに掲載されている情報が限られているため、購入する前に確認したいいくつかの情報が入手できません

問い合わせれば回答してくれるかもしれませんが、その手間がかかることや何か隠している事実があるのかなど勘繰ってしまいます。

水素吸入器『フレスカ150』がおすすめな人

『フレスカ150』は以下のような方にはおすすめできるかと思います。

フレスカ150がおすすめな人
  • 水素発生量にそこまでこだわりがない方
  • コストを抑えつつ水素吸入を行いたい方
  • コンパクトで軽量な水素吸入器が欲しい方
  • 部品交換などの手間をできるだけ抑えたい方

『フレスカ150』は水素発生量こそ低いものの、製品価格や維持費などが抑えられています。

またメンテナンスもあまり必要でなく、サイズもコンパクトなのでかなり扱いやすいでしょう。

コストやメンテナンス性を重視される方にはぴったりの水素吸入器と言えます。

水素吸入器『フレスカ150』:まとめ

今回は、株式会社水の杜から出ている水素吸入器『フレスカ150』の特徴や評価についてお伝えしました。

性能や安全性、信頼性に不安はあるものの、コンパクトさやメンテナンス性、コスト面で優れている水素吸入器です。

コストやメンテナンス性重視の方は、ぜひご検討してみてください。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加