ナノコ(HF-300)

《この記事の執筆者》

本記事では、水素吸入が行える水素吸入器『ナノコ』の製品情報から特徴やスペックについて解説していきます。

また、当サイト基準での製品評価も行なっておりますので、『ナノコ』にご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

水素吸入器『ナノコ』の製品情報

水素吸入器『ナノコ HF-300S』の画像
引用元:https://nanoko.co.jp/?page_id=120

水素吸入器『ナノコ』の製品仕様の詳細は以下の通りです。

商品名高純度水素分子生成器 HF-300S
本体寸法幅28.0cm、奥行29.6cm、高さ31.3cm
本体重量約6㎏
ホワイト
材質不明
電圧・周波数AC100V 50/60Hz
消費電力160W
付属品公式サイトに記載なし
定価公式サイトに記載なし
メーカー保証公式サイトに記載なし
生産国公式サイトに記載なし
販売会社株式会社ナノコ
ナノコ公式サイトより)

約30㎝立方体の小型といっても6㎏の重量があります。

そのため、家の中の移動はできますが家の外への持ち出しは難しそうです。

また定価や付属品、生産国などの情報が公式サイトに載っておらず、不明な部分が多くあります。

水素吸入器『ナノコ』の特徴・スペック

水素吸入器『ナノコ』の主なスペックは以下の通りです。

水素ガス発生量300ml/分
水素発生方式純水電解槽PEM(プロトン交換膜)と水素生成用PEM量子交換膜を用いた特殊技術
連続稼働時間6時間
吸入方法鼻または口
騒音レベル不明
使用できる水精製水または蒸留水
その他特になし
ナノコ公式サイトより)

『ナノコHF-300S』は水素ガス発生量が300ml/分となっており、ポータブル水素吸入器としては、多めです

連続稼働時間も6時間と比較的長めなののが特徴です。

では、以下でいくつか『ナノコ』の特徴をご紹介していきます。

特徴①:小型なのに水素発生量が多い

『ナノコHF-300S』は小型ながら、水素ガス発生量が300mlとなっています。

これは、水素生成方式としてPEM純水型電解槽およびPEM量子交換膜を使用する特殊技術により実現したもののようです。

特徴②:6時間の連続使用が可能

『ナノコHF-300S』は6時間の連続使用が可能です。

睡眠時間が短い方であれば、寝ている間でも使えそうですね

ただ、一般的に推奨される7~8時間睡眠には適してなさそうです。

特徴③:メンテナンスが簡単

水素生成のために電極膜が使用されています。この電極膜の耐用期間はとても長いと記載されていますが、どれくらいで交換が必要かは不明です。

使用する精製水の量も少なく、1ヵ月に1回の補充で済みます。(利用時間にもよる)

水素吸入器『ナノコ』のメンテナンス

『ナノコHF-300S』のメンテナンスとしては、主に精製水の補充と電極膜の交換があるようです。

『ナノコHF-300S』では使用する精製水の量も少なく、利用時間にもよりますが1ヵ月に1回の補充で済みます。

補充が必要になると、液晶画面に「補充してください」と案内が表示されるので安心です。

電極膜の交換については、どれくらいの期間で必要なのか、また交換にかかる費用などの情報は公式サイトにはありませんでした。

水素吸入器『ナノコ』のレンタルはある?

公式サイトには、『ナノコHF-300S』をレンタルできるかどうかは記載はありませんでした。

なので、レンタルに興味のある方は一度問い合わせてみる必要があります。

水素吸入器『ナノコ』の評価

上記の評価は別記事『失敗しない水素吸入器の選び方』で解説しているポイントを基準に判断しています。

連続使用時間が長いのは良い点でしょう。

価格については公式サイトに掲載がないものの、代理店?の他社サイトには、880,000円と記載されており、また楽天市場では968,000円で販売されていました。

このことから、かなり高額な製品であることがわかり、コスト面ではあまり評価できません。

また、価格以外にも製品の情報があまりないことが懸念点です。

水素吸入器『ナノコ』がおすすめな人

『ナノコ』は以下のような方にはおすすめできるかと思います。

ナノコがおすすめな人
  • 基本的に家で使用するが、気分により使用する場所を変えたい人
  • メンテナンスが楽なものがよい人
  • 長時間、十分な量の水素を吸引したい人

小型なもので長時間の吸入がしたい方にはおすすめです。

ただ、購入前にさまざまな情報を確認するようにしてください。

水素吸入器『ナノコ』:まとめ

6時間の長時間使用可能であり、水素ガス発生量が300ml/分と性能的にはある程でしょう。

据え置き型の大型タイプと持ち運び可能なポータブルタイプとの中間のタイプです。

家の中で移動が可能なので、気分に合わせて、リビングや寝室と好きな場所で使用可能です。

重要な情報が多く不明であるため、この製品に興味がある方は、より詳細な情報を得るために販売会社に直接問い合わせることをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加