ドクター水素ボトル

《この記事の執筆者》

本記事では、水素吸入が行える水素吸入器『ドクター水素ボトル』の製品情報から特徴やスペックについて解説していきます。

また、当サイト基準での製品評価も行なっておりますので、『ドクター水素ボトル』にご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

水素吸入器『ドクター水素ボトル』の製品情報

水素吸入器『ドクター水素ボトル』の製品画像
引用元:https://woo-east.com/

水素吸入器『ドクター水素ボトル』の製品仕様の詳細は以下の通りです。

商品名ドクター水素ボトル
本体寸法60×60×220mm
本体重量312g
クリア
材質ボトル:PCTG樹脂
本体、キャップ:ABS樹脂
電圧・周波数3.7V
消費電力不明
付属品吸入用カニューレ、USBケーブル、ACアダプタ、ミストボトル
定価203,280円(税込)
メーカー保証1年
生産国不明
販売会社WOO-EAST株式会社
https://woo-east.com/より)

『ドクター水素ボトル』はそのサイズが最大の特徴です。大きさが60×60×220mm、重量が320gと片手で持てるサイズのため、持ち歩いて好きな場所で好きな時に水素を取り入れることができます。

また、USBケーブルの充電式のためどこでも充電ができ使いたい時に使える便利な水素吸入器です。

水素水も生成できるため、付属品にはミストボトルもついてくるようになっています。

水素吸入器『ドクター水素ボトル』の特徴・スペック

水素吸入器『ドクター水素ボトル』の主なスペックは以下の通りです。

水素ガス発生量10.5ml/分
水素発生方式久保方式(独自技術)
連続稼働時間30分
吸入方法カニューラ、水素水
騒音レベル不明
使用できる水市販のミネラルウオーター、精製水
その他水素水の生成
https://woo-east.com/より)

『ドクター水素ボトル』は、毎分10.5mlと水素量としては非常に少ないですが、携帯用の水素吸入器と考えると妥当な量かもしれません。

また、使用できる水が市販のミネラルウォーターや精製水なので近所のドラッグストアなどで安価で手に入ります。

水素発生方式は独自技術の「久保方式」で、設定電圧が低いためオゾンを発生させないようになっています。

では、以下でいくつか『ドクター水素ボトル』の特徴をご紹介していきます。

特徴①:独自の水素発生方式

『ドクター水素ボトル』はは独自の水素発生方式を使用しています。

「久保方式」と呼ばれる技術で、設定電圧が低いためオゾンを発生させない仕組みとなっているため、その点は安心でしょう。

特徴②:気軽にどこでも使える

『ドクター水素ボトル』は非常にコンパクトで、持ち運びがしやすいです。

片手に収まるサイズでペットボトルを持っているほどの大きさと重量のため、持ち歩きながら水素吸入ができるほどです。

充電が切れても、USBで繋ぐだけですぐに使用できるため楽ちんです。

自分の好きなタイミングで好きな場所で水素ガスが吸入できるのが一番の特徴と言えるでしょう。

特徴③:水素水の作成も可能

『ドクター水素ボトル』は、水素水も生成できるようになっています。

水素水を作るモードが備わっており、5分ほどで1,616ppbの水素濃度の水素水が作れるようです。

このコンパクトさで1台2役は贅沢ですね!

>> ppmに騙されない!水素吸入の水素濃度ppmってなに?

水素吸入器『ドクター水素ボトル』のメンテナンス

『ドクター水素ボトル』のメンテナンスは、消耗部品交換1~1.5年に一度することで半永久的に利用できます。

消耗部品は以下の通りです。

『ドクター水素ボトル』の消耗品
  • リチウム電池交換
  • 水素発生基盤の交換

メンテナンスの費用としては、税込み24,200円ほどとなります。

1~1.5年に一度部品交換のケアさえしていれば半永久的に使えるので安心ですが、1年に一度24,200円のランニングコストは安いとは言えないかもしれませんね。

水素吸入器『ドクター水素ボトル』のレンタルはある?

『ドクター水素ボトル』のレンタルに関する情報は、特に見当たりませんでした。

製造元であるWOO EAST株式会社のサイトには掲載されていませんでしたので、レンタルに興味がある方は問い合わせてみる必要があります。

水素吸入器『ドクター水素ボトル』の評価

性能
2.5
コスト
5.6
メンテナンス性
7.0
安全性
4.7
信頼性
2.4

<総合評価>
2.2

上記の評価は別記事『失敗しない水素吸入器の選び方』で解説しているポイントを基準に判断しています。

『ドクター水素ボトル』の総合評価としては、の星2.2です。

製品サイズのコンパクトさや手入れなどのメンテナンス性は高い、一方で水素発生量など性能面が少しネックかと感じます。手軽さをとって、性能は妥協といった感じでしょうか。

それぞれの評価項目について少し解説していきます。

性能:水素と連続稼働時間がイマイチ

『ドクター水素ボトル』は毎分10.5mlの水素発生と、連続稼働30分の性能です。

これらの数字は外出時にする場合は特に問題ないかと思いますが、家でしっかりと本格的に水素吸入がしたい方にとっては少し物足りなさを感じるかもしれません。

コスト:毎年のメンテコストがネック

『ドクター水素ボトル』は、製品が20万円前後と他の水素吸入器に比べれば安い部類ですが、水素発生量から考えると少し高いかなと感じます。

また、1年〜1年半ごとに必要になるメンテナンスで24,200円必要になり、その辺りがランニングコスト面でネックとなります。

メンテナンス性:どこでも水素吸入できる

『ドクター水素ボトル』は直径6cmで高さ22cm、重さも312gとかなり小型の水素吸入器です。

これくらいのサイズであれば、どこへでも持ち運んで水素吸入できますし、家に置いていても邪魔にならないでしょう。

安全性:オゾン発生がないのは良い

『ドクター水素ボトル』は、その独自の水素発生方式によってオゾンガスが発生しない仕様となっています。

その点では安心と言えるでしょう。

一方で、第三者機関による安全性試験結果などが不明なため、それらも取得した場合はより安心して購入を検討できそうです。

信頼性:情報が少なく不安

『ドクター水素ボトル』は公式サイトなど含め、ネットでの情報が少なく、購入判断のための材料が揃いづらいです。

保証期間も1年と短いうえに、サポートについて不明だったり、サイトも見にくかったりと色々不安要素があるのが本音のところです。

購入前には、その辺りも含め全て確認しておいた方が良いでしょう。

水素吸入器『ドクター水素ボトル』がおすすめな人

『ドクター水素ボトル』は以下のような方にはおすすめできるかと思います。

ドクター水素ボトルがおすすめな人
  • 持ち歩きで手軽に水素吸入をしたい方
  • 水素水も生成する吸入器が欲しい方

『ドクター水素ボトル』の一番の特徴が、片手に収まる超軽量サイズで持ち運びが非常に楽なことです。

その特徴から、持ち歩きをして好きなタイミング、好きな場所で水素吸入をしたい方にとても向いている製品だと言えるでしょう。

水素吸入器『ドクター水素ボトル』:まとめ

『ドクター水素ボトル』は、超軽量コンパクトサイズで、持ち歩いてどこでも好きなタイミング、好きな場所で水素吸入が可能な携帯式水素吸入器となっています。

また、水素水も作れるため外出先での水素水摂取も可能です。

サイズや水素発生量を鑑みても本体費用やメンテ費用は少し高めに感じますが、携帯できる水素吸入器は少ないため、そういった携帯式が欲しい方は検討しても良いかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加