アリビオ

《この記事の執筆者》

本記事では、水素吸入が行える水素吸入器『アリビオ』の製品情報から特徴やスペックについて解説していきます。

また、当サイト基準での製品評価も行なっておりますので、『アリビオ』にご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

水素吸入器『アリビオ』の製品情報

アリビオ(alivioH 小型純水素ガス吸入器)
出典:https://trustlex.co.jp/products/alivioh

水素吸入器『アリビオ』の製品仕様の詳細は以下の通りです。

商品名alivioH 小型純水素ガス吸入器
本体寸法直径6.5cm × 高さ15cm(ボトル含む)
本体重量本体230g(ベース+ボトル)
材質ベース:アルミ合金  ボトル:PET
電源AC100V-240V(50-60Hz)
消費電力0.0074Wh
付属品ベース(本体)、ボトル、カニューレ(ラテックスフリー)、カニューレ用コネクタ、アダプタ、USBコード、取扱説明書、巾着袋、水抜きポンプ
定価68,000円(税込74,800円)
原産国日本設計企画/中国工場委託製造
販売会社株式会社トラストレックス

「小型」と商品名にあるだけ、水素ガス吸入器としては小さめです。

この小ささでどれくらいの水素ガスを発生させられるのか疑問ですね。次はスペックや特徴を見てみましょう。

水素吸入器『アリビオ』の特徴・スペック

水素吸入器『アリビオ』の主なスペックは以下の通りです。

水素ガス発生量8~12ml/分
水素発生方式固体高分子電解質膜方式
連続稼働時間1時間(30分x2回)
吸入方法鼻から
騒音レベル不明
使用できる水精製水または浄水器の水
その他マグネット式充電ケーブル

水素ガス発生量が「8~12ml/分」というのは少し少なめな印象ですが、かなり小型なので仕方がない部分ではあるかと思います。また、連続稼働時間も30分を2回と合計で1時間のみとなっており短めです。

『固体高分子電解質膜方式』というのは、少し珍しい気がします。その説明としてホームページには以下のように記載れています。

固体高分子電解質膜方式とは、電気分解により発生させた水素を飲用水に溶存させる現在の水素生成方式の中で最新の技術です。
従来の電気分解ではなく、この方式を採用することにより「水素濃度が安定している」「酸素やオゾンが発生しない」と実現しました。オゾンを逃がすのでイヤな臭いがありません。

アリビオ製品ページ

上記のように、『固体高分子電解質膜方式』では水素濃度が安定していることやオゾンの発生を抑えられることが特徴のようです。

水素吸入器『アリビオ』のメンテナンス

水素吸入器『アリビオ』は薬剤を使わず電源のON/OFF操作で手軽に水素を発生させられます。
また、機械を毎日洗浄する必要がなくお手入れは簡単です。消耗品も「カニューレ(税込550円)」だけです。

ただ、使用していると水に含まれるミネラルがボトルにくっついて膜になり、ボトル内部がぬるぬるすることがあるようなので、その場合はクエン酸等を用いてボトルを洗浄する必要があるようです。

水素吸入器『アリビオ』のレンタルはある?

ホームページを見る限り、水素吸入器『アリビオ』のレンタルは現在行われていないようです。

なので、アリビオを使うには購入(税込74,800円)する必要があります。

水素吸入器『アリビオ』の評価

水素吸入器『アリビオ』の評価は以下の通りです。

上記の評価は別記事『失敗しない水素吸入器の選び方』で解説しているポイントを基準に判断しています。

水素吸入器『アリビオ』はそのコンパクトから操作性や持ち運びができる点は評価できるポイントです。また、浄水器のお水も使用できるため、わざわざ精製水を買う必要がなくその分コストが抑えられます。

一方で、コンパクトさゆえに水素ガス発生量が物足りなく感じるのと、連続吸入時間が30分x2回と短いのがネックです。

水素吸入器『アリビオ』がおすすめな人

以上を踏まえ、水素吸入器『アリビオ』をおすすめしたいのはこんな人です。

アリビオがおすすめな人
  • 持ち運びができて外出先でも水素吸入がしたい人
  • 難しい操作やメンテナンスは避けたい人
  • 水素吸入を長時間する予定がない人
  • 比較的安く水素吸入を試してみたい人

やはり小型で軽くどこでも水素吸入ができるというのは良いポイントなので、自宅だけでなく外出先でも水素吸入を行いたい方にはおすすめです。

それ以外にも、上記に当てはまる人は水素吸入器『アリビオ』は向いていると思うので、ぜひ試してみてください。

水素吸入器『アリビオ』:まとめ

今回は水素吸入器『アリビオ』の製品情報やスペック・特徴などをお伝えしました。

コンパクトで持ち運びができて操作・メンテナンスが簡単である一方、水素発生量や稼働時間などは少し物足りない印象でした。

とはいえ、外出先での水素吸入を考えている人にはぜひおすすめしますので、興味のある方はぜひ一度公式サイトを覗いてみてください。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加