Suilive SS-150

《この記事の執筆者》

本記事では、水素吸入が行える水素吸入器『Suilive SS-150』の製品情報から特徴やスペックについて解説していきます。

また、当サイト基準での製品評価も行なっておりますので、『Suilive SS-150』にご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

水素吸入器『Suilive SS-150』の製品情報

水素吸入器『Suilive SS-150』の製品画像
引用元:https://www.suiso-japan.com/products

水素吸入器『Suilive SS-150』の製品仕様の詳細は以下の通りです。

商品名Suilive SS-150
本体寸法φ154×H230mm
本体重量2㎏
ゴールド
材質不明
電圧・周波数AC100V-240V
消費電力65W
付属品・本体
・ACアダプター電源コンセント
・専用カニューレ2本
・取扱説明書
・保証書
定価217,800円(税込)
メーカー保証1年
生産国日本
販売会社株式会社SUISO JAPAN
Suilive SS-150公式サイトより)

Suilive SS-150は、株式会社SUISO JAPANが家庭用水素吸入器として開発した製品で、インテリアとして遜色ないデザインがこだわりです。

水素の発生量は150ml/分と少ないのですが、同時に酸素を75ml/分発生することができます。

また、オプション商品になりますが、水素水が生成できるキット、子供用カニューラ、目に水素を送るゴーグルなども開発されています。

水素吸入器『Suilive SS-150』の特徴・スペック

水素吸入器『Suilive SS-150』の主なスペックは以下の通りです。

水素ガス発生量150ml/分
水素発生方式電気分解
連続稼働時間3時間
吸入方法専用カニューレで吸入
騒音レベル不明
使用できる水精製水
その他子供用チューブもあり
Suilive SS-150公式サイトより)

株式会社SUISO JAPANの考え方として、水素の発生量が多ければ体に良いわけではなく、医学的に推奨されている発生量を基準としているため、あえて水素量は150ml/分に抑え、同時に酸素を吸入できるようにしているようです。

なので、水素をガッツリ吸入したい人には物足りなさを感じるかもしれません。

また、連続稼働が3時間と短めなのは家庭用に作られているからです。

サロンや店舗で使用するには不向きでしょう。

では、以下でいくつか『Suilive SS-150』の特徴をご紹介していきます。

特徴①:安全性

Suilive SS-150は安全性にこだわり、赤ちゃんや子供、ペットでも吸引できるようにも対応しています。

Suilive SS-150は、PSE認定製品と言って安全性を極めた製品であるという「電気用品安全法」に認定されている製品となっています。

アンバサダーに元野球選手桑田真澄さんを起用していますが、安全性が高いことが前提にないとなかなか著名人のアンバサダーは引き受けられないでしょうから信頼性はありそうです。

特徴②:メンテナンスの手厚さ

Suilive SS-150は、国内生産で、株式会社SUISO JAPANが自社開発した製品です。

そのため、アフターメンテナンスを充実させることにも力を入れています。

メーカー保証は基本的に1年で設定されていますが、株式会社SUISO JAPANが自ら1年点検、3年に一度のOH点検を実施します。

体内に取り入れるものを発生させている機械なので、販売元の点検は安心度が高いでしょう。

OH点検とは「オーバーホール点検」のことで、製品を部品単位まで分解して掃除、調整をして組み立てなおし、新品の時の性能に近づける作業のことを言います。

特徴③:デザイン

Suilive SS-150の大きな特徴として、洗練されデザイン、インテリアに馴染むデザインという点があります。

デザインも家庭用故におしゃれにしたいとこだわったポイントのようです。

確かに一見、水素発生機のようには見えずシャンパンゴールドでおしゃれな加湿器のようなイメージです。

リビングやダイニングに置いてもインテリアの邪魔はしないでしょう。

水素吸入器『Suilive SS-150』のメンテナンス

水素吸入器Suilive SS-150のメンテナンス方法は特に記載がありませんでした。

水素吸入器は基本的に、本体外側をウェットティッシュなどでふき取り汚れを取ります。中に関しては製品それぞれで違いがありますが、精製水の交換やボトルがあればボトルの洗浄などのメンテナンスが必要な事があります。

定期のメンテナンスとしては、販売元が自ら1年点検を行い、その後も3年に一度のOH点検といって、部品単位まで解体して掃除、修繕を施し再度組み立て新品に近づけた状態にする点検を行います。

水素吸入器『Suilive SS-150』のレンタルはある?

販売元の株式会社SUISO JAPANにてレンタルがあるかはわかりませんでした。

しかし、水素吸入器Suilive SS-150を個人美容サロンや個人水素サロンなどで導入されている人が、自分の店舗でレンタルしている実績はありました。

ちなみにレンタルの例としては、初期登録費用税込み9,000円、月々レンタル料が税込み9,900円という設定で契約は半年契約というスタイルがありました。

もともと購入する場合の定価が217,800円(税込)ということもあるので、個人的にはレンタル料にしては高いと感じます。

水素吸入器『Suilive SS-150』の評価

上記の評価は別記事『失敗しない水素吸入器の選び方』で解説しているポイントを基準に判断しています。

Suilive SS-150は、デザインがおしゃれな家庭用として作られています。

アンバサダーに桑田真澄さんを用いたり、Jリーグ名門クラブチーム「清水エスパルス」が選手の体のケアのために導入しているという実績が信頼性に繋がっています。

しかし一方で肝心な水素発生量が少ないのが大きな懸念点です。

水素を本格的に取り入れたい人には確実に物足りない発生量だと言えるでしょう。

水素吸入器『Suilive SS-150』がおすすめな人

『Suilive SS-150』は以下のような方にはおすすめできるかと思います。

Suilive SS-150がおすすめな人
  • 家庭で水素吸入器を使用したい人
  • 見た目のデザイン性を重視する人
  • 本体コストを抑えたい人

Suilive SS-150は、本格的に水素を生活に取り入れたいというより、とりあえず水素吸入をしたら体質改善に繋がるかお試しくらいの気持ちの人におすすめです。

本格的に取り入れたい方には物足りない製品と言えるかもしれません。

水素吸入器『Suilive SS-150』:まとめ

水素吸入器Suilive SS-150は、家庭用として開発されたため、見た目が水素吸入器には見えず、インテリアとして遜色ありません。

家庭用サイズのため水素発生量や連続稼働時間は物足りなさがあるでしょう。

水素生活をまず始めてみたいというような取り掛かりの人に向いている製品かもしれませんね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加