体験談
みんなの水素吸入療法の体験談

【みんなの体験談】水素吸入療法とすい臓がん

水素吸入療法含めた水素療法とすい臓がんに関して当サイトに寄せられた体験談を掲載しています。

  • 匿名男性プロフィール

    S.マサト|60代男性

    私が膵臓がんと診断された時、絶望したのを今でも覚えています。伝統的な治療法である手術、化学療法、そして放射線療法を経験する中で、私は身体だけでなく心のケアも同じくらい重要だと痛感しました。この苦しい時期に、私が見つけ出したのが水素吸入です。
    最初に水素吸入を知った時、その効果について半信半疑でしたが、何かしらのプラスになればと思い試してみることにしました。治療を始めて数週間が経過した頃、私は自分の体調に小さながらも確かな変化を感じ始めました。化学療法による副作用が徐々に軽くなり、特に疲れやすさが減少しました。夜の睡眠の質も改善し、朝の目覚めが以前とは違い、ずっと良くなりました。
    私は、水素吸入が膵臓がんそのものに劇的な影響を及ぼすことは期待していませんでしたが、治療過程での身体的、精神的な負担の軽減には、一定の効果があることを実感しました。これらの変化は、治療を続ける上での精神的な支えとなり、ポジティブな気持ちを保つことができるようになりました。
    水素吸入を始めてから、私は自分の体と向き合う時間を大切にするようになりました。これは私にとって、治療の一環としてだけでなく、自分自身を労わる方法としても非常に重要なものです。この体験を通じて、膵臓がんという病気とどう向き合っていくか、少しでも前向きな姿勢を持ち続けることの大切さを、他の方々と共有したいと思います。
    膵臓がんとの闘いは簡単なものではありませんが、水素吸入によって得た小さながらも確かな前進は、この挑戦を乗り越えるための大きな励みになっています。

  • 匿名男性プロフィール

    Aさん|70代男性

    膵臓癌を発見したときには、すでにあちこちに転移があり、手術が不可能でした。
    抗がん剤治療を開始し、しばらくして水素吸入、水素水、水素風呂、水素サプリ、リポカプセルビタミンC、FBRAも取り入れました。
    抗がん剤の副作用で、肝機能障害や白血球の減少が起きていました。水素を導入してからは、これらの副作用が軽減され抗がん剤治療を続けられています。
    また、手足の痺れも水素風呂に入ると軽くなります。

    (宮川路子著『最強の水素術』p.323-324より簡略化し掲載)

  • 匿名女性プロフィール

    M.Mさん|81歳女性

    膵臓(すいぞう)がんと診断され、ハイパーサーミア、低用量抗がん剤、オプシーボの治療に加え、水素吸入を開始しました。
    治療を始めて8ヶ月ほどで、がんが52.4%も縮小しました。

    (『水素ガスでがんは消える!?』赤木純児著p.133-134より簡略化し掲載)

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加