研究論文
マウスにおける化学物質誘発性のアトピー性皮膚炎に対する水素水の有効性

マウスにおける化学物質誘発性のアトピー性皮膚炎に対する水素水の有効性

一言まとめ

NC/Ngaマウスにアトピー性皮膚炎を誘発し、12週間水素水を与えたところ、コントロール群と比べ、皮膚の症状、酸化ストレス、炎症性サイトカインの発現が有意に改善した。水素水はアトピー性皮膚炎の新たな治療法となる可能性がある。

3分で読める詳細解説

結論

水素水は、NC/Ngaマウスのアトピー性皮膚炎モデルにおいて、酸化還元バランスの調整と免疫調節作用により、症状を改善した。水素水はアトピー性皮膚炎の安全で有効な治療法となるかもしれない。

研究の背景と目的

アトピー性皮膚炎は慢性の湿疹を特徴とする皮膚疾患で、酸化ストレスや免疫バランスの乱れが発症に関与している。本研究では、抗酸化作用と免疫調節作用を持つ水素水に着目し、アトピー性皮膚炎モデルマウスに対する効果を調べることを目的とした。

研究方法

NC/Ngaマウスに2,4-ジニトロクロロベンゼン(DNCB)を塗布してアトピー性皮膚炎を誘発した。12週間、コントロール群には精製水、実験群には水素水を自由飲水させた。皮膚症状スコア、掻破行動、酸化ストレスマーカー(活性酸素種、過酸化脂質、抗酸化酵素)、免疫学的パラメータ(ケモカイン、サイトカイン、IgE)を評価した。

研究結果

  • ・水素水群はコントロール群に比べ、皮膚症状スコアと掻破行動が改善傾向にあった。
  • 血清中の活性酸素種レベルは水素水群で有意に低く、抗酸化酵素のグルタチオンペルオキシダーゼ活性は有意に高かった。
  • 水素水群では、ケモカインTARCや炎症性サイトカイン(IL-5、TNF-α、IL-6など)の発現が抑制された。
  • 血清中の総IgEレベルも水素水群で顕著に低下した。
  • 以上より、水素水は酸化ストレスと免疫反応を調整することで、アトピー性皮膚炎の症状を改善することが示された。
  • ただし、掻破行動の改善は一時的であり、皮膚炎スコアの改善は限定的だった。
  • より長期の水素水摂取によって、症状がさらに改善する可能性がある。

Appendix(用語解説)

  • NC/Ngaマウス: アトピー性皮膚炎の自然発症モデル
  • 2,4-ジニトロクロロベンゼン: 皮膚に塗布することで接触性皮膚炎を誘発する化学物質
  • TARC: アトピー性皮膚炎で発現増加するケモカインの一種
  • グルタチオンペルオキシダーゼ: 過酸化物を無毒化する抗酸化酵素
  • IgE: アレルギー反応に関与する抗体の一種

論文情報

タイトル

Positive Effects of hydrogen water on 2,4-dinitrochlorobenzene-induced atopic dermatitis in NC/Nga mice(NC/Ngaマウスの2,4-ジニトロクロロベンゼン誘発アトピー性皮膚炎に対する水素水の有効性)

引用元

Yoon, Y. S., Sajo, M. E., Ignacio, R. M., Kim, S. K., Kim, C. S., & Lee, K. J. (2014). Positive Effects of hydrogen water on 2,4-dinitrochlorobenzene-induced atopic dermatitis in NC/Nga mice. Biological & pharmaceutical bulletin37(9), 1480–1485. https://doi.org/10.1248/bpb.b14-00220

専門家のコメント

まだコメントはありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加