研究論文
水素吸入はマウスのシュウ酸カルシウム沈着と腎酸化ストレスを改善

水素吸入はマウスのシュウ酸カルシウム沈着と腎酸化ストレスを改善

一言まとめ

水素ガスを吸入することで、マウスを使った実験でグリオキシレートによって引き起こされたカルシウムオキシアレートの腎臓への沈着と、腎臓における酸化ストレスが軽減されることが示されました。

1分で読めるまとめ

結論

水素ガスの吸入は、カルシウムオキシアレートの沈着と腎臓の酸化ストレスを有効に軽減する治療法である。

研究ハイライト

  • グリオキシレートを用いたマウスモデルで、水素ガスの前処理がカルシウムオキシアレートの沈着と腎臓損傷を減少させることを実証。
  • 水素ガスの吸入は、酸化ストレスマーカーの減少と抗酸化酵素活性の増加を引き起こす。
  • 研究では、水素ガスが腎臓の炎症反応を抑制し、IL-10の表現を増加させることが観察された。
  • 治療効果は、水素ガスの抗酸化、抗炎症、および抗アポトーシス作用によるものとしている。
  • 水素ガスの使用は副作用が少なく、腎臓結石症の予防および治療において有望な候補であることを示唆。

論文情報

タイトル

Inhalation of hydrogen gas ameliorates glyoxylate-induced calcium oxalate deposition and renal oxidative stress in mice(水素ガス吸入はマウスにおけるグリオキシレート誘発シュウ酸カルシウム沈着および腎酸化ストレスを改善する)

引用元

Peng, Z., Chen, W., Wang, L., Ye, Z., Gao, S., Sun, X., & Guo, Z. (2015). Inhalation of hydrogen gas ameliorates glyoxylate-induced calcium oxalate deposition and renal oxidative stress in mice. International journal of clinical and experimental pathology8(3), 2680–2689.

専門家のコメント

まだコメントはありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加