好酸球

好酸球は、人の体内を流れる白血球の一種で、血液中の白血球全体の約1~3%、骨髄で作られる白血球の約6%を占めています。

これらは主に、寄生虫の感染やアレルギー反応など、体を守るための反応を助ける役割を担っています。体に異常があると、好酸球は特定のタンパク質を放出し、これによって寄生虫を攻撃したり、アレルギー反応を抑えたりすることができます。また、好酸球はIL-10やIL-4などのサイトカイン(免疫系の通信に使われるタンパク質)を放出することで、体の免疫反応を調節することもあります。

このように、好酸球は体の防御システムの重要な部分であり、特にアレルギーや寄生虫感染症への反応において中心的な役割を果たします。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加