研究論文
腫瘍学における酸素水素混合ガスの治療可能性

会員限定

腫瘍学における酸素水素混合ガスの治療可能性

EBウイルス感染B細胞株(TK6細胞)を用いて、酸素水素混合ガス(水素66%、酸素33%)を培養液に溶解させた際の抗腫瘍効果を検証した結果…

この記事は会員限定の記事です。記事の続きを読むには会員登録をしてください。

無料会員登録はこちら トップページへ戻る
PAGE TOP
ログイン 会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加