研究論文
水素吸入を用いた進⾏がん患者82名の経過報告

水素吸入を用いた進⾏がん患者82名の経過報告

一言まとめ

進行がん患者82名に1日3時間以上、3ヶ月以上の水素ガス吸入治療を行ったところ、がんの進行抑制、身体症状の改善、生活の質の向上が見られ、特に肺がん患者でその効果が顕著だった。

3分で読める詳細解説

結論

水素吸入は副作用が少ない療法で、進行がん患者の身体症状と生活の質を大幅に改善し、がんの進行も抑制する可能性がある。

研究の背景と目的

従来のがん治療法である放射線療法、化学療法、手術などは、副作用や身体的負担が大きく諸刃の剣となることが多い。そのため、かえってがんの進行を促したり、治療後の生活の質を著しく下げてしまう懸念がある。 そこで本研究は、新たな治療アプローチとして注目される水素ガス吸入療法に着目。進行がん患者に対する水素吸入の効果を多角的に調査することを目的とした。

研究方法

ステージIIIおよびIVの進行がん患者82名を対象に、1日あたり3時間以上、3ヶ月間以上の水素ガス吸入治療を実施。治療前後での身体症状や検査数値、生活の質などの変化を追跡調査した。

研究結果

  • 水素吸入治療により、呼吸困難、倦怠感、吐き気、嘔吐、不眠、食欲不振、便秘、下痢、痛みなど、あらゆる身体症状が大幅に改善。
  • 症状の改善に伴い、患者の感情面や生活の質も向上。
  • 治療開始時に腫瘍が確認された80名のうち、57.5%で病勢がコントロールされた(腫瘍が消失・縮小、あるいは悪化せず安定)。
  • 治療効果(体調改善度、腫瘍マーカー減少率など)は肺がん患者で最も高く、膵臓がん患者で最も低かった。
  • 深刻な副作用は見られず、一部の患者で軽度の有害事象(頭痛やめまい、胃の不快感など)が見られたが、自然に消失した。

論文情報

タイトル

“Real world survey” of hydrogen-controlled cancer: a follow-up report of 82 advanced cancer patients(水素によるがん制御の実臨床調査:進行がん患者82名の追跡報告)

引用元

Chen, J. B., Kong, X. F., Lv, Y. Y., Qin, S. C., Sun, X. J., Mu, F., Lu, T. Y., & Xu, K. C. (2019). “Real world survey” of hydrogen-controlled cancer: a follow-up report of 82 advanced cancer patients. Medical gas research9(3), 115–121. https://doi.org/10.4103/2045-9912.266985

専門家のコメント

コメントはまだありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加