脳出血

脳出血は、脳内を走る非常に細い血管が破裂し、血液が脳組織内に漏れ出ることで、神経細胞がダメージを受ける病状を指します。この状態はしばしば、長期にわたる高血圧が原因で起こります。特に50代から60代にかけての人々に多く見られ、高血圧や動脈硬化の結果、脳の細い血管に過剰なストレスがかかり、動脈硬化が進行することで発症します。これらの血管が脆くなったり、小さな動脈瘤(血管の膨らみ)を形成したりして、血圧の上昇によって最終的に破裂し、出血を引き起こします。時には、脳の中の空洞である脳室内に出血が及ぶこともあります。

出血の位置や規模によって症状は様々ですが、典型的なものには、手足の力が抜ける(運動麻痺)、話すことや言葉の理解が困難になる(失語)、言葉をはっきり発音できない(構語障害)、体の一部の感覚が鈍くなる(感覚障害)などがあります。重症の場合、患者は名前を呼ばれても目を開けることができない(意識障害)や、呼吸が不規則で浅くなる(脳幹の呼吸中枢の障害)など、生命を脅かす症状が現れることもあります。脳出血は突然に発症するのが特徴で、回復しても重い後遺症を残すことが珍しくありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加