炎症性サイトカイン

炎症性サイトカインとは、体内で炎症を引き起こす特別な種類のサイトカインです。これらは私たちの免疫システムの一部で、細菌やウイルスなどの外敵が体に侵入したときに活躍します。その主な役割は、これらの侵入者を退治して私たちの体を守ることです。炎症性サイトカインは血管の内壁や免疫系のマクロファージ、リンパ球など多くの細胞から作られ、痛み、腫れ、発熱など、私たちが感じる炎症の症状を引き起こす原因となります。

この炎症性サイトカインにはいくつかの種類があり、その中でも特に知られているのが腫瘍壊死因子(TNF)、インターロイキン(IL)-1、IL-6、IL-8、そしてケモカインです。これらは、体が炎症反応を示す際に重要な役割を果たします。


関連記事 乳がんの新しい治療法になる?水素吸入の効果について

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加