ランダム化比較実験

ランダム化比較実験(英語名: Randomized Controlled Trial、略称: RCT)は、科学的研究において、治療法や介入の効果を正確に測定する方法です。この実験では、参加者を二つ以上のグループに無作為に分けます。この無作為な分け方は「ランダム化」と呼ばれ、各グループが平等な条件を持つようにします。たとえば、あるグループには新しい治療法を適用し、別のグループ(比較グループ)には通常の治療やプラセボ(効果のない治療)を適用します。

ランダム化の主な利点は、治療法以外の要因が参加者のグループに均等に分配されることです。これにより、治療法の効果が他の変数によって歪められることを防ぎ、より公平な比較が可能になります。この方法は、研究者や参加者が意図的にあるグループを選ぶことができないため、バイアス(偏り)を最小限に抑えることができます。

この実験手法は、特に医学研究でよく用いられ、新薬の有効性や安全性を評価する際に重要な役割を果たしています。また、無作為化比較試験とも呼ばれ、科学的根拠に基づく医療の基本となる方法の一つです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加