くも膜下出血

私たちの脳は、3つの保護膜によって守られています。外側から順に硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる膜です。くも膜下出血は、このうちくも膜と軟膜の間に存在する隙間、いわゆるくも膜下腔で、動脈が破裂し、血液が急速に流入する状態を指します。この状態は、非常に強い頭痛を伴います。患者さんは、「バットやハンマーで頭を強く打たれたような痛み」や、「これまでに感じたことのないほどの激痛」と表現することが多く、この痛みは突然発生します。加えて、吐き気や嘔吐、意識がもうろうとすることやけいれん、首の痛みを感じることもあります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加