がん
【医師監修】水素吸入療法は子宮頸がんの予防や改善に役立つ?

【医師監修】水素吸入療法は子宮頸がんの予防や改善に役立つ?

《この記事の執筆者》

子宮頸がんは若い女性に発症しやすく「マザーキラー」と呼ばれることがあります。

進行して見つかった場合、子宮の摘出により出産ができなくなるため、出産を希望する女性にとっては深刻な問題となります。

そのため現在でも様々な予防法や治療法が研究されていますが、近年水素吸入療法が子宮頸がんの予防や改善に役立つ可能性があるとして注目を集めています。

本記事では、子宮頸がんの症状や原因、標準的な治療法に加え、子宮頸がんと水素吸入療法の関係について最新の研究報告をもとに解説していきます。

子宮頸がんってどんな病気?

子宮頸がんとは、子宮の入り口である子宮頸部に発生するがんのことです。

20代後半~40代にかけての若い世代に発症しやすいがんであり、「マザーキラー」と呼ばれることがあります1)

日本では毎年約10,000人が子宮頸がんと診断され、約3,000人が命を落としています2)

5年生存率は早期段階では95%以上であるものの、進行している場合には20%程度に過ぎません2)

早期発見が非常に重要です。

まずは子宮頸がんの特徴について詳しく見てみましょう。

子宮頸がんの原因

子宮頸がんの原因のほとんどは、ヒトパピローマウイルス感染です。

ヒトパピローマウイルスは性行為によって感染し、性行為をしたことがある女性の過半数は感染したことがあると考えられています。

感染したとしても90%以上の方は自然にウイルスが排除されていきます。

しかし、残りの10%程度の方はウイルスが感染した状態が続き、長い期間をかけてがんを引き起こします1)

子宮頸がんの症状

子宮頸がんは早期の段階では、目立った自覚症状は現れません。

しかし、進行すると以下のような症状が現れるようになります。

子宮頸がん進行時の症状
  • 異常なおりもの
  • 不正出血(生理のとき以外の出血)
  • 下腹部痛
  • 性交時の痛みや出血

さらに進行すると、周囲のリンパ節、肺、脳、骨などへの転移を引き起こし、治療が非常に難しくなります。

子宮頸がんの標準的な治療法

子宮頸がんの治療方法はがんの進行度、全身の状態、そして将来的に出産を希望するかによって大きく異なります。

ごく早期段階の子宮頸がんでは子宮頸部のごく一部の組織を切除する「子宮頸部円錐切除術」を行います。

しかし、出産の希望がない場合は子宮を摘出する手術を行うのが一般的です。

また、ある程度進行している場合でも転移がない場合には手術による切除を行いますが、多くは卵管や卵巣なども同時に切除します。

一方、転移があるなど非常に進行していて手術ができない場合は、放射線治療や抗がん剤治療などを行います。

水素吸入療法は子宮頸がんの予防や治療に役立つ?

水素吸入療法が子宮頸がんの予防や治療に役立つ可能性を示唆する研究結果が報告されています。

上述したように、子宮頸がんはヒトパピローマウイルス感染によって引き起こされるがんです。

2013年から小学校6年生~高校1年生相当の女子に対してワクチンが定期接種化されました。

一方で、ワクチンの接種機会がなかった女性も多く、子宮頸がんが多くの若い女性の命を奪っているのも事実です。

そのため、予防や治療方法については現在もさまざまな研究が続けられています。

水素吸入療法もその一つです。

水素吸入療法と子宮頸がんについてこれまでどのような研究報告がされているのか、具体的な内容について見てみましょう。

水素吸入で活性酸素を抑制し子宮頸がんを予防?

水素吸入療法が子宮頸がんを予防することを示した研究は現在のところ行われていません。

しかし、水素吸入療法で除去できる活性酸素が子宮頸がんの発症に関わっていることを示す研究結果が2021年に報告されています3)

この研究では、97人の子宮頸がん患者と30人の健常者の酸化ストレス、抗酸化力を示す血液中の物質の濃度を測定し比較しました。

その結果、子宮頸がん患者は健常者に比べて酸化ストレスによるダメージが大きく、抗酸化作用が低くなっていることが明らかになりました。

子宮頸がん発症に酸化ストレス増加と抗酸化作用低下が関与

この結果から、子宮頸がんの発症には酸化ストレスや抗酸化作用の低下が関連している可能性があると考えられます。

水素吸入療法は抗酸化作用を発揮し、酸化ストレスを軽減する効果を持ちます。

そのため、子宮頸がんの発症の予防に役立つ可能性が期待できるでしょう。

まだ限られた人数での比較検討であるため確実に効果があるとは言えませんが、今後の解明に期待します。

水素吸入が子宮頸がんの治療に役立つ可能性

2021年に、水素ガスが子宮頸がんを改善する可能性を示唆する研究結果が報告されました4)

この研究では、子宮頸がんの細胞を水素ガスが発生している環境下で培養した群と通常の環境で培養した群でがんのサイズなどを比較検討しました。

その結果、水素ガスがある環境下で培養したがん細胞は有意に増殖が抑制され、がん細胞を死滅される現象が生じたことが明らかになりました。

水素吸入も子宮頸がんの進行を抑える?

この研究では、水素ガスが子宮頸がんの進行を抑え、さらにがん細胞の死滅を誘導する可能性を持つことが示唆されました。

水素ガスを吸入する水素吸入療法にも同様の効果が期待できる可能性は高いでしょう。

がん細胞を用いた実験段階であるため、人が水素を吸入した際もがん細胞に同じ効果を発揮すると断言することはできません。

しかし、さらに研究が進み、水素吸入療法が子宮頸がんの治療に用いられる日が来る可能性はあるでしょう。今後に期待します。

【私はこう考える】水素吸入と子宮頸がん

子宮頸がんは若い世代でも発症するのが特徴であり、毎年3,000人ほどの女性が命を落としています。

多くはヒトパピローマウイスに感染することで発症するため、現在ではウイルスに対するワクチンが定期接種化されています。

しかし、ワクチンを打つ機会がなかった女性はこれからも子宮頸がんを発症する可能性があるでしょう。

子宮頸がんの新たな予防や治療法を見出すため、今もなお多くの研究が続けられています。

今回ご紹介した2つの研究結果から水素吸入療法は子宮頸がんの予防や治療に役立つ可能性が示唆されました。

まだ確実に効果があると言える段階ではありませんが、水素吸入療法は体への負担なく自宅で行うこともできます。

ワクチンを打っていない女性や子宮頸がん治療中の女性は水素吸入療法を予防、治療の補助的な手段として活用するのもよいでしょう。

参考文献
  1. 子宮頸がん – 公益社団法人 日本産科婦人科学会
  2. 子宮頸部:[国立がん研究センター がん統計]
  3. Shrivastava, A., Mishra, S. P., Pradhan, S., Choudhary, S., Singla, S., Zahra, K., & Aggarwal, L. M. (2021). An assessment of serum oxidative stress and antioxidant parameters in patients undergoing treatment for cervical cancer. Free radical biology & medicine167, 29–35. https://doi.org/10.1016/j.freeradbiomed.2021.02.037
  4. Chu, J., Gao, J., Wang, J., Li, L., Chen, G., Dang, J., Wang, Z., Jin, Z., & Liu, X. (2021). Mechanism of hydrogen on cervical cancer suppression revealed by high‑throughput RNA sequencing. Oncology reports46(1), 141. https://doi.org/10.3892/or.2021.8092

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加