研究論文
水素吸入により進行大腸がん患者の予後が改善

水素吸入により進行大腸がん患者の予後が改善

一言まとめ

進行大腸がん患者55名に1日3時間の水素吸入と化学療法を併用したところ、末梢血中の疲弊したPD-1+CD8+T細胞が減少し、活性化したPD-1-CD8+T細胞が増加して、無増悪生存期間と全生存期間が改善した。

3分で読める詳細解説

結論

水素吸入はPD-1+CD8+T細胞の不均衡を是正することで予後を改善する可能性がある。

研究の背景と目的

がん患者では、腫瘍抗原の持続的刺激によりCD8+T細胞が疲弊し、PD-1の発現が亢進して免疫活性が低下するため予後不良となる。最近、水素分子がPGC-1αを活性化することが報告された。PGC-1αはミトコンドリア機能不全により不活性化し、CD8+T細胞の疲弊を引き起こす。そこで本研究は、水素吸入がCD8+T細胞の疲弊を回復させ、ステージIV大腸がん患者の予後を改善するかを調査した。

研究方法

  • 2014年7月から2017年7月に、ステージIV大腸がんと診断された55名を対象とした。
  • 患者は自宅で1日3時間の水素吸入を行い、病院で化学療法を受けた。
  • 化学療法はXELOX+ベバシズマブ療法を行った。
  • 末梢血からCD8+T細胞を分離し、フローサイトメトリーで表現型を解析した。

研究結果

  • 末梢血中の疲弊した終末分化PD-1+CD8+T細胞は、無増悪生存期間と全生存期間の独立した予後不良因子だった。
  • 水素吸入により、疲弊した終末分化PD-1+CD8+T細胞が減少し、活性化した終末分化PD-1-CD8+T細胞が増加して、無増悪生存期間と全生存期間が改善した。
  • 終末分化PD-1+CD8+T細胞とPD-1-CD8+T細胞のバランスががん予後に重要であることが示唆された。
  • これら2つの指標に基づき患者を4つのカテゴリーに分類する新たなシステムを開発した。

Appendix(用語解説)

  • CD8+T細胞: 細胞傷害性T細胞。ウイルス感染細胞やがん細胞を攻撃する。
  • PD-1: programmed cell death 1。T細胞の活性化を抑制する受容体。
  • 無増悪生存期間: 治療開始から病勢が進行するまでの期間。
  • 全生存期間: 治療開始から死亡するまでの期間。

論文情報

タイトル

Hydrogen gas restores exhausted CD8+ T cells in patients with advanced colorectal cancer to improve prognosis(進行大腸がん患者において水素ガスが疲弊したCD8+T細胞を回復させ予後を改善する)

引用元

Akagi, J., & Baba, H. (2019). Hydrogen gas restores exhausted CD8+ T cells in patients with advanced colorectal cancer to improve prognosis. Oncology reports41(1), 301–311. https://doi.org/10.3892/or.2018.6841

専門家のコメント

まだコメントはありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加