研究論文
マウスにおけるダニ誘発性のアトピー性皮膚炎に対する水素水の効果

マウスにおけるダニ誘発性のアトピー性皮膚炎に対する水素水の効果

一言まとめ

アトピー性皮膚炎モデルマウスに25日間水素水を飲ませたところ、炎症に関与するサイトカインの濃度が低下し、症状が改善された。

3分で読める詳細解説

結論

水素水の飲用により、アトピー性皮膚炎の炎症反応が抑制され、症状が緩和される可能性がある。

研究の背景と目的

アトピー性皮膚炎は、遺伝的・環境的要因などが複雑に絡み合う炎症性の皮膚疾患である。サイトカインのバランス異常がその病態に深く関与している。水素には抗炎症作用があることが知られているが、アトピー性皮膚炎に対する水素水飲用の効果は不明だった。そこで本研究では、マウスのアトピー性皮膚炎モデルを用いて、水素水の症状改善効果とサイトカインへの影響を調べた。

研究方法

NC/Ngaマウスにダニ抗原を塗布してアトピー性皮膚炎を誘発し、精製水または水素水を自由飲水させた。25日間の飲水後、血清中のサイトカイン濃度をLuminex法により測定し、比較した。

研究結果

水素水を飲んだマウスでは、精製水を飲んだマウスに比べて以下の変化が見られた。

  • IL-10、GM-CSF、IL-12p70、TNF-αなどの炎症性サイトカインが有意に減少。
  • 一方、IL-2、IL-4、IL-5、IFN-γには明らかな影響はなかった。
  • アトピー性皮膚炎の皮膚症状が改善。
  • これらの結果から、水素水の飲用がアトピー性皮膚炎の病態改善に寄与する可能性が示唆された。
  • ただし、IL-10の作用や一部のサイトカインへの影響については、さらなる検討が必要である。

Appendix(用語解説)

  • サイトカイン:免疫反応を調節するタンパク質の総称。炎症の促進や抑制など多彩な作用を持つ。
  • IL-○○、GM-CSF、TNF、IFNなど:サイトカインの種類。Th1型、Th2型に大別される。
  • NC/Ngaマウス:アトピー性皮膚炎のモデル動物。ダニ抗原塗布により皮膚炎を生じる。
  • Luminex法:微量の検体中に含まれる複数の物質を同時に定量できる方法。

論文情報

タイトル

The Drinking Effect of Hydrogen Water on Atopic Dermatitis Induced by Dermatophagoides farinae Allergen in NC/Nga Mice(NC/Ngaマウスにおけるコナヒョウヒダニ抗原によって誘発されたアトピー性皮膚炎に対する水素水飲用の効果)

引用元

Ignacio, R. M., Kwak, H. S., Yun, Y. U., Sajo, M. E., Yoon, Y. S., Kim, C. S., Kim, S. K., & Lee, K. J. (2013). The Drinking Effect of Hydrogen Water on Atopic Dermatitis Induced by Dermatophagoides farinae Allergen in NC/Nga Mice. Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM2013, 538673. https://doi.org/10.1155/2013/538673

専門家のコメント

まだコメントはありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加