研究論文
水素水の急性摂取は健康な女性の心臓自律神経活動を刺激する

水素水の急性摂取は健康な女性の心臓自律神経活動を刺激する

一言まとめ

健康な女性14名に水素水を急性摂取してもらい、水素を含まない水を摂取した場合と比較した結果、水素は迷走神経活動度に影響を与えずに、交感神経活動度を上昇させており、心臓の自律神経調節機能(心拍数の変動)を改善させることが確認された。

3分で読めるまとめ

結論

水素水の急性摂取は、健康な女性の心臓の自律神経調節機能を改善させる。

研究ハイライト

  • 二重盲検ランダム化クロスオーバーで研究を実施。
  • 14人の健康な女性(年齢:21.7±1.2歳、体重:67.8±8.7 kg、身長:167±5.5 cm)を対象とし、無作為に7人ずつ2群に群分けした後、水素水摂取群(摂取前評価→水素水急性摂取→摂取後評価)とプラセボ群(摂取前評価→水素フリー水急性摂取→摂取後評価)の両方を経験させた。
  • 心拍数変動を計測し、心臓の自律神経活動(心拍数、迷走神経活動度、交感神経/迷走神経活動バランス)を評価した。
  • 迷走神経活動度は水素水摂取群とプラセボ群に有意な差はなかったが、いずれの群も摂取前と比較して高かった。
  • 水素水摂取群は25、35分後にプラセボ群よりも交感神経/迷走神経活動バランスが上昇しており、交感神経活動度が増幅していた。
  • 水素水摂取群とプラセボ群はいずれも摂取前より心拍数が減少していたが、水素水摂取群の方が25、35分後の心拍数の減少幅が有意に少なかった。
  • 水素水の急性摂取は25~35分後に交感神経活動を上昇させるが、迷走神経活動には影響を与えず、心拍数の減少を抑制させた。

論文情報

タイトル

Acute hydrogen-rich water ingestion stimulates cardiac autonomic activity in healthy females(水素水の急性摂取は健康な女性の心臓自律神経活動を刺激する)

引用元

Botek, M., Sládečková, B., Krejčí, J., Pluháček, F., & Najmanová, E. (2021). Acute hydrogen-rich water ingestion stimulates cardiac autonomic activity in healthy females. Acta Gymnica51, Article e2021.009. https://doi.org/10.5507/ag.2021.009

専門家のコメント

まだコメントはありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加