研究論文
水素吸入の心理生理学的効果の発現と連続使用の皮膚特性への影響

水素吸入の心理生理学的効果の発現と連続使用の皮膚特性への影響

一言まとめ

水素ガスの吸入はストレスの軽減と集中力の向上に効果があり、2週間の連続使用により肌の状態を改善することが確認された。

1分で読めるまとめ

結論

水素ガスの吸入は心理的にストレスとネガティブな感情を軽減し、生理学的には副交感神経活動を促進することで肌の状態を改善する。

研究ハイライト

  • 水素ガスの吸入は、ストレスや疲労感の軽減、集中力の向上に有効であることが確認された。
  • 2週間の連続水素ガス吸入は、ストレス認識の減少と肌の弾力性や色調の改善をもたらす。
  • 肌の水分含有量、皮膚の弾力性、色素沈着に関する有意な改善が観察された。
  • この研究は、水素ガスの吸入が精神的な安定と肌のメタボリズムの改善を通じて、より健康的な肌を促進する可能性があることを示唆している。
  • 研究はランダム化比較試験ではなく、プラセボコントロールの設定が困難であったため、さらなる研究が必要である。

論文情報

タイトル

Appearance of Psychophysiological Effect of Hydrogen Inhalation and Effect of Continuous Use on the Skin Properties(水素吸入の心理生理学的効果の発現と連続使用の皮膚特性への影響)

引用元

Takashi TAKEHARA, Yukari HAYASHI, Miyuki FUJISHIRO, Eri KITAMURA,Yukihiro YADA (2022). Appearance of Psychophysiological Effect of Hydrogen Inhalation and Effect of Continuous Use on the Skin Properties. Journal of Japanese Cosmetic Science Society Vol. 46, No. 1, pp. 8–19. https://www.jstage.jst.go.jp/article/koshohin/46/1/46_460110/_pdf

専門家のコメント

まだコメントはありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加