MyShinTouSui-Jet

《この記事の執筆者》

本記事では、水素吸入が行える水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』の製品情報から特徴やスペックについて解説していきます。

また、当サイト基準での製品評価も行なっておりますので、『MyShinTouSui-Jet』にご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』の製品情報

日省エンジニアリングの水素吸入器『MyShintouSui-Jet』の製品画像
引用元:https://www.nseg.co.jp/products/myshintousui-jet.html

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』の製品仕様の詳細は以下の通りです。

商品名MyShinTouSui-Jet
本体寸法Ф60×L202mm
本体重量217g
ピンク、ホワイト
材質プラスチック
ボトル-PCTG樹脂 
コアユニット・キャップ-ABS樹脂
シリコン栓-シリコン
電圧・周波数不明
消費電力不明
付属品ACアダプタ、充電スタンド、カニューラ
定価不明(Amazon:140,000円前後)
メーカー保証購入後サポート登録をしていただくことで、1年間の無償サポート
生産国不明
販売会社株式会社 日省エンジニアリング
MyShinTouSui-Jet公式サイトより)

MyShinTouSui-Jetは、数ある水素吸入器の中でもサイズが小さく重量が217gとどこにでも持ち運びができるタイプです。

ただし、持ち運ぶ際は充電が必要で、一度の充電で水素ガスを吸入出来る回数は30分モードにして最大4回となっています。

デザインもスタイリッシュで少し大きめのマイタンブラーを持ち運びしているような感じです。

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』の特徴・スペック

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』の主なスペックは以下の通りです。

水素ガス発生量76ml/分
水素発生方式独自の電気分解
連続稼働時間不明
吸入方法カニューラ吸入
騒音レベル不明
使用できる水活性炭を含む中空糸フィルターで浄水した水
ミネラルウォーター:硬度60未満、ナトリウムが100ml換算で1.5mg以下の水
その他特になし
MyShinTouSui-Jet公式サイトより)

MyShinTouSui-Jetは、比較的濃度が高い38,000ppmの水素ガスを1分間に76ml吸入することができます。

サイズも小さく持ち運びタイプなので仕方ない部分はありますが、水素発生量としては物足りなさを感じるでしょう。

本格的な水素吸入というよりは、簡易的な水素吸入器というイメージです。

では、以下でいくつか『MyShinTouSui-Jet』の特徴をご紹介していきます。

特徴①:充電式でどこでも水素吸入できる

MyShinTouSui-Jetは、手軽に持ち運び可能な水素吸入器で、充電をしておけば外でも水素を吸入することができます。

また重量も217gと軽量なので持ち運びに不便ということもないでしょう。

フル充電で、30分モード4回、3分30秒モード40回以上で使用できますが、充電は残量が減っている状態で約4時間かかります。

併せて、充電しながらの製品稼働は転倒する恐れがあるので避けましょう。

特徴②:市販のミネラルウォーターで水素生成

MyShinTouSui-Jetは、市販のミネラルウォーターで水素生成が可能で、わざわざ専用の水を取り寄せ等の必要がありません。

しかし、ミネラルウォーターでも硬度60未満、ナトリウムが100ml換算で1.5mg以下のものを用意しなければなりません。

また、水道水も使えないわけではありません。

ただし、水道水に含まれる塩素などの薬剤や赤さびなどの影響により、水素に成分が付着したり、ボトルの底が赤色に変色する可能性があるようです。

特徴③:メンテナンスが楽

基本的にお手入れは簡単で、ボトル内を軽く水道水で洗浄するだけでOKです。

万が一水素発生部分が白くなってきたら、クエン酸をつかって15分前後製品を稼働させて洗い流してください。

鼻カニューラは除菌シートなどで汚れの拭き取りをしてよく乾かしましょう。

ただし、1日2時間程度の水素吸入を続けたとしたら約1年から1年半で発生体の交換が必要です。

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』のメンテナンス

MyShinTouSui-Jetのメンテナンスとして、通常のお手入れと本体の交換が必要になります。

通常のお手入れメンテナンスは以下の通りです。

通常のお手入れ
  • 水は30分の水素ガス吸入ごとに交換か、毎日または2時間以内の早い方で交換
  • ボトル内は水道水で軽く注ぎ、洗浄
  • 水素発生部が白くなってきた場合はクエン酸で洗浄
  • コアユニット部分の汚れは乾いた布かペーパーで拭き取り
  • カニューラはは鼻孔に入る部分をアルコールや除菌シートでふき取り

本体の交換に関しては、発生体が1日2時間水素ガス吸入をして 1年から1年半ほど、内蔵電池はおおむね500回程度の充電で交換を目安にしましょう。

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』のレンタルはある?

MyShinTouSui-Jet製品のレンタル情報は記載がありませんでした。

安くはない製品なので、デモンストレーションなどの機会はあるかもしれませんが問い合わせが必要です。

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』の評価

上記の評価は別記事『失敗しない水素吸入器の選び方』で解説しているポイントを基準に判断しています。

MyShinTouSui-Jetは、本体がコンパクトで重量が271gのため持ち運びし、どこでも水素を吸入できる点が評価されています。

外で水素吸入器を使用しても見栄えに困らないようなデザインも一般的な水素吸入器と比較して良い点と評価できるでしょう。

また、専用水が不要で取り寄せも必要ないため手間がかかりません。

一方で、本格的な水素吸入を望んでいる方からすると水素発生量が少なく、物足りなさを感じてしまうでしょう。

また持ち運びするために本体充電が必要ですが、充電に4時間かかる点もマイナスポイントです。

費用対効果で見ると、持ち運びの点のメリットは大きいものの総体的にコスパが低い製品であることは否めないでしょう。

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』がおすすめな人

『MyShinTouSui-Jet』は以下のような方にはおすすめできるかと思います。

MyShinTouSui-Jetがおすすめな人
  • 気軽に持ち運び水素を吸入したい人
  • 出張が多いなど家にいる時間が少ないが水素吸入したい人
  • 水素吸入はしたいけど水の取り寄せやメンテナンスが面倒な人

MyShinTouSui-Jetは271gと軽量で、充電式のため、持ち運び外で吸入したい方や、出張などで使いたい方に向いている製品だと言えます。

また、水素吸入器は製品によって専用水が必要な場合もありますが、MyShinTouSui-Jetは市販のミネラルウォーターで水素を生成できます。

メンテナンスもボトルとカニューラを軽く洗浄するだけのため、面倒な作業や手続きが苦手な人にも向いているでしょう。

水素吸入器『MyShinTouSui-Jet』:まとめ

MyShinTouSui-Jetの最大の特徴は、サイズ感がコンパクトなことで重量271gと持ち運びが非常に楽ちんです。充電さえすればどこでも水素吸入が可能でしょう。

一方で本格的に水素吸入したい方にとっては、水素発生量が少なく物足りなさを感じる可能性があります。

手軽に簡単な気持ちで水素吸入をしたい方に向いている製品と言えるのではないでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加