活性酸素

活性酸素とは、生命活動に欠かせない酸素が、体内で特別に反応しやすい状態に変わったものを指します。私たちが呼吸する酸素の一部は、体内でこの活性酸素に変化し、体のさまざまな化学反応に関わります。例えば、人間やその他の哺乳類では、取り込んだ酸素の一部が自然に活性酸素に変わるとされています。

活性酸素には、その生成量が過剰になると細胞に損傷を与える可能性がありますが、一方で重要な生理的役割も持っています。白血球によって生成される活性酸素(例:スーパーオキシド、過酸化水素など)は、感染から身を守る免疫機能や病原体との戦いに不可欠です。さらに、活性酸素は細胞間のコミュニケーション、排卵や受精の過程、細胞の分化やプログラムされた細胞死(アポトーシス)など、多くの生物学的プロセスにおいて重要な役割を果たしています。

このため、活性酸素を一概に悪者とみなすのは誤りです。確かに、活性酸素が過剰に生成されたり、体内の酸化ストレスが高まったりすると、老化やがん、生活習慣病の発症に関連することがあります。しかし、これらの物質は生命活動の基本的な部分として、そのバランスが健康の鍵を握っているのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加