嚥下障害

嚥下障害(えんげしょうがい)、または摂食・嚥下障害は、食事の摂取に関わる障害で、食べ物や飲み物をうまく飲み込むことができない状態を指します。

この障害のある人は、さまざまな症状に直面します。例えば、食べ物を飲み込む際にむせたり、固形物を噛んで飲み込むのが困難だったり、食事に通常よりも長い時間がかかったりします。また、食べること自体が疲れる原因になったり、食後に痰が多くなったり、声の質が変わることもあります。さらに、食べ物が口からこぼれ出たり、飲み込んだ後も口の中に残ったり、喉に詰まる感じがすることもあります。

嚥下障害があると、食事が十分に摂取できないため、体重減少、低栄養、脱水といった問題が起こり得ます。また、飲み込んだものが誤って気管に入る(誤嚥)ことにより、窒息したり、肺炎を発症するリスクが高まることもあります。このため、嚥下障害は単に食事の問題に留まらず、全体的な健康状態に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加