泌尿器系疾患

まとめ

水素吸入療法と泌尿器系疾患

泌尿器系疾患には、腎臓病や前立腺肥大、尿路結石症など様々あります。これまでの報告では、腎臓病に対する水素の有効性がいくつか報告されています。具体的には、急性腎障害や慢性腎臓病、糖尿病性腎症、薬剤性腎障害などの腎臓病において有効性が報告されています。水素吸入が腎臓結石の予防に有効ではないかとの可能性を示す報告もなされています。

泌尿器系疾患に対する報告

以下から選択すると、泌尿器系の各種疾患と水素吸入療法の効果解説ページがご覧いただけます。

みんなの体験談

各疾患を選択すると、患者様の水素吸入療法の体験談がご覧いただけます。

知っておきたい水素吸入の基礎知識

水素吸入療法とは、特殊な機械を使って生成した水素ガスを酸素と一緒に吸うことで、水素を体内に取り込む療法です。

水素は抗酸化作用や抗炎症作用があることが知られ、2016年には水素吸入療法が厚生労働省が定める『先進医療B』にも認定され、その効果が期待されています。

がん以外にも様々な分野において研究が進められており、今後さらに効果の解明や発展が見込まれている比較的新しい療法です。

さらに詳しく水素吸入について知りたい方は以下の記事をご覧ください。
>> 水素吸入療法とは?メカニズムや副作用について解説
>> 水素吸入療法に期待されている効果一覧

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加
最新情報をいち早くお届け!
LINE友だち追加