関連トピック

水素関連事業が好調!

4月30日に健康産業新聞に掲載されたニュースによると、水素吸入を含めた水素関連の事業の業績が非常に良いとのことです。

具体的には、以下のように記載されています。

2023年通期の水素商材市場(メーカー出荷金額ベース)は、前年比1割増の約236億円となり、コロナ収束で久々に大きな伸びを示した。

健康産業新聞

さらに今年3月中旬から4月初旬にかけて42社を対象に行われたアンケートでは、今年上期の業況について、「良かった」との回答した割合が53.7%となっており、昨年調査より13.7ポイント増加しているとのこと。

水素関連事業の業績が好調なことが伺えますね。

また、さらに驚くべきは、水素吸入を補助治療として導入している医療機関が1000以上にも上るという試算があることです。

確かに、水素吸入自体がこれまでの標準的な治療を代替することは難しいと考えますが、補助としては十分に活躍できるポテンシャルは秘めています。

今後もさらに多くの施設に水素吸入が広まり、より多くの方の健康に寄与することを『すいかつねっと』は願っています。

参考:【水素】上期「経営良好」5 割超

PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加