炎症細胞

炎症細胞とは、体が怪我や病気に対抗するための自然な防御メカニズムの一環である特殊な細胞のことです。これらは免疫システムの重要な要素で、体内でさまざまな役割を担っています。炎症細胞の仕事は、病原体(例えばウイルスや細菌)を破壊することや、他の炎症細胞に感染に対応するようシグナルを送ること、さらには体が以前に経験した病気を記憶して、将来同じ病気に迅速に対応できるようにすることです。

炎症細胞には、好中球、好酸球、リンパ球、形質細胞、組織球などがあります。これらの細胞はそれぞれに独自の役割を持ちます。例えば、好中球や好酸球は、体が急性の感染症や怪我に最初に対応するときに活動します。一方で、リンパ球、形質細胞、組織球は通常、長期的な感染や慢性的な傷害に対応するのに関与しています。これらの細胞の協力により、私たちの体はさまざまな健康上の脅威から守られています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加