慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患(COPDは、長い間タバコの煙などの有害な空気を吸い続けることによって起こる肺の病気です。この病気は、特に中年以降の人に多く見られます。かつては「慢性気管支炎」や「肺気腫」と呼ばれていた状態を、今では一つの病名で呼ぶようになりました。主な原因は喫煙であり、肺に炎症が起こり、呼吸がしにくくなる特徴があります。実は、COPDはただの喫煙による影響だけでなく、生活習慣病としても捉えられていて、健康な生活を送ることで予防や症状の管理が可能です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加