アポトーシス

アポトーシスは、細胞が自らの命を終えるプロセス、つまり「細胞のプログラムされた自然死」を意味します。この言葉はギリシャ語で「離れる(apo-)」と「落下(ptosis)」を組み合わせたもので、「木から枯れ葉が落ちる」ような自然な過程を連想させます。体を健康に保つために、細胞が計画的に自滅することで、不要な部分を除去したり、損傷した細胞を更新することがこのプロセスの目的です。例えば、オタマジャクシがカエルに変わる際に尻尾が消失したり、人間の手の指が発達する過程で指の間の細胞がなくなるのも、アポトーシスによる結果です。

アポトーシスが進行すると、細胞は収縮し、細胞核が縮小して断片化します。これらの断片化した細胞核は、細胞膜に包まれて「アポトーシス小体」と呼ばれる小さな塊になり、最終的には食細胞によって取り込まれ、分解されます。この過程は、細胞内外の環境が悪化した結果発生する別の細胞死であるネクローシスとは異なり、体内で炎症を起こさないように計画されたものです。アポトーシスは遺伝子によって厳密に制御され、体の免疫系の発達や調節にも重要な役割を果たしています。例えば、自己反応性の細胞を除去することで、自己免疫疾患の予防に寄与しています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加