研究論文
放射線誘発骨髄障害に対する水素吸入の保護効果

放射線誘発骨髄障害に対する水素吸入の保護効果

一言まとめ

放射線治療による骨髄障害に対し、水素吸入による治療効果を評価する後観察研究を実施。その結果、水素吸入は、放射線治療による白血球と血小板の減少を軽減することが示唆された。

3分で読める詳細解説

結論

水素吸入は、放射線治療による骨髄障害を軽減する可能性があり、がん治療における新たなアプローチとなり得る。

研究の背景と目的

放射線治療は、がん細胞を殺傷する効果的な治療法だが、正常な細胞にもダメージを与えてしまうという副作用がある。特に骨髄は放射線に敏感な組織であり、骨髄障害が生じると、免疫力の低下や出血傾向などの症状が現れる。

近年、水素ガスが抗酸化作用を持ち、細胞を保護する効果があることが報告されている。そこで本研究では、放射線治療を受けるがん患者を対象に、水素ガス吸入が放射線治療による骨髄障害を軽減できるかどうかを検証した。

研究方法

本研究は、2015年5月から2016年11月にかけて日本のクリニックで実施された後観察研究である。対象は、強度変調放射線治療(IMRT)を受ける末期がん患者23名である。患者は、IMRT後に30分間、高気圧酸素治療を受ける対照群(7名)と、5%の水素ガス吸入を受ける水素群(16名)に分けられた。

骨髄障害の評価は、IMRT前後に行った末梢血の血液検査の結果を用いて行った。血液検査では、赤血球、白血球、血小板の数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値を測定した。

研究結果

  • 放射線治療の回数や総照射線量は、対照群と水素群で差はなかった。
  • 対照群では、IMRT後に白血球と血小板が有意に減少したが、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット値には変化がなかった。
  • 水素群では、白血球と血小板の減少が対照群と比較して有意に抑制されていた。
  • IMRTに対する腫瘍の反応は、両群で差はなかった。

考察

本研究の結果から、水素ガス吸入は、放射線治療による骨髄障害を軽減する可能性が示唆された。水素ガスは、放射線によって発生する活性酸素種(ROS)を消去することで、細胞を保護すると考えられている。

本研究は、症例数が少ない後観察研究であるため、さらなる大規模な臨床試験が必要である。しかし、水素ガス吸入は、放射線治療を受けるがん患者にとって安全で効果的な治療法となる可能性がある。

Appendix(用語解説)

  • 強度変調放射線治療(IMRT):放射線の強度を調節することで、腫瘍の形に合わせて照射する放射線治療法。
  • 骨髄障害:骨髄の機能が低下し、血液細胞の産生が減少すること。
  • 活性酸素種(ROS):強い酸化力を持つ酸素分子。細胞にダメージを与える。

論文情報

タイトル

Protective effects of hydrogen gas inhalation on radiation-induced bone marrow damage in cancer patients: a retrospective observational study(がん患者における放射線誘発骨髄障害に対する水素ガス吸入の保護効果:後観察研究)

引用元

Hirano, S. I., Aoki, Y., Li, X. K., Ichimaru, N., Takahara, S., & Takefuji, Y. (2021). Protective effects of hydrogen gas inhalation on radiation-induced bone marrow damage in cancer patients: a retrospective observational study. Medical gas research11(3), 104–109. https://doi.org/10.4103/2045-9912.314329

専門家のコメント

まだコメントはありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立ったら、下のボタンで教えてください。

関連記事

新着記事
会員限定
おすすめ
PAGE TOP
ログイン 会員登録
会員登録

\最新情報をいち早くお届け!/

お友だち追加

\最新情報をいち早くお届け!/

LINEお友だち追加